旅と食べることが好きなルミの備忘録です。気軽に美味しい×楽しい情報の交換ができますように…☆


by ルミ

カテゴリ:教*nihongo( 18 )

教師冥利につきない

何人もの学生を教えてきて、とても強く思う事の一つが
勉強が苦手な人はいる、ということです。



今教えている学生のAさんとBさんは同じ国籍の同年代です。
Aさんは記憶力が悪く、頭の回転が遅く、キャパが狭く、なおかつ”天然”っぽい独特の感性の持ち主です。
Bさんは頭の回転が速く、吸収力も高い学生です。
レッスンから帰るたびに、今日はこんな感じだったよ!と、大黒柱に面白おかしく報告するのですが、
「Aさんはやる気がないんだろうね」と言われます。



いやいやいやいやいやいや違うんよ!



やる気がなかったら、単語帳を満タンにしない。
宿題を、私が言った以上に仕上げてきたりしない。
メモした事をきちんと清書したりしない。。。。。。



Aさんは真面目で熱心な人だということは、授業態度etcから伝わってきているのです。
Aさんの努力の跡を目の当たりにするたび、なんともやるせない気持ちになります。
Aさんだけに限らず、今までに何人もそういう学生がいました。



だって出来ないもん、と努力しないのは人間がしょぼい気がしますが、
人に得手不得手があるのは当然だと思います。
顔が皆違うように、頭や体の作りも違うのですから、当たり前ではないでしょうか。
頑張ったら誰でもオリンピックに出られるわけじゃありませんよね。
誰でも将棋の名人になれるわけじゃありませんよね。
誰でもミスユニバースになれるわけじゃありませんよね。






ミッキーは勉強が得意な人なので、自分なら…と置き換えてしまい、
Aさんの現状は努力や興味が足りていないからだと結論づけていましたが
それは全然違うよー!とガッツリ否定しておきました。
理解してくれたようですが、印象的な質問をされました。







「ルミ先生としては、AさんとBさんのどっちを教えている方が楽しいの?」






え~~~~~~~~~~?





うーーーーーーーーーーーん





楽しいってなんだ?







しばし悩み、「Bさんの方」という答えを出しました。
Bさんを教える時は、頭が良い上に会話上手な方と話している時と似ており、
リズムが良く、こちらも良い意味で気が抜けないので刺激的です。
楽しいと表現するには十分だと思います。





でも、Bさんの方を選んだ理由はそれではなくて。。。
理由は、Aさんにとっての私の存在意義にありました。




私の仕事は、学生が日本語を使えるようにならなければ意味がなくなってしまうんです。
彼らは日本語習得のためにお金を払っているんですから、私はそのために十分なサービスを提供するべきです。
つまり、結果を出してあげなければいけないんです。



なので、教案をAさん仕様に仕上げたり、こちらの会話スピード、カリキュラムetcを調整したりと
こちらも相当努力しています。
やって良かったと手ごたえを感じる日もあります。
教師とはそうあるべきだと思います。
馬鹿な子ほどかわいいとは微塵も思いませんが(爆笑)だって大変ですから!(^皿^)



でも、どんなにやっても、週に数回、一度に1時間だけでは、限界があって。
特にAさんには沢山時間が必要なのに……。
Aさんを育てるのに十分な時間を、私は持てないんです。
ってことは、やっぱり私が教えたこともそのうち忘れてしまうって事で………



私の存在意義がなー………(´・_・`)
私のしていることの意味が、対Bさんより小さいというか、低いというか……なんですよね。
それがとても残念で、ちょっと寂しいです。



だから、Bさんの方が楽しいかな、と思いました。






たとえ苦手なものでも、努力すれば、努力の仕方がわかれば、少しでも伸ばすことはできますよね。
教える側はそれを助けなければいけませんよね。




そう強く思うので、見放したり諦めたりせずにレッスンに臨みます。
教える側も努力を怠ってはいけないんだと思います。




「教師冥利に尽きる」と言えるほど、Aさんが伸びてくれたら本当にうれしい。
ちょっと難しそうだけど(泣)
しかも私、産休入っちゃうけど(号泣)




頑張ろうねAさん!!!






[PR]
by eiminton | 2015-08-19 21:42 | 教*nihongo | Trackback | Comments(0)

いろいろなこと(長文)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by eiminton | 2014-12-21 11:23 | 教*nihongo

泣き虫先生

d0240442_00264435.jpg

先日、鬼先生の教えてるF(この子)が、ちょっとやらかしてくれました。



モラルも低いし危機感もないので、叱られてもブーたれるだけのF。




先輩先生方も一緒になって、超~~~叱ってくださっているのに、その様子。






最終的には、もうFの目標を達成するのは無理かもしれないという話になり





感極まった鬼先生は、ついに、ボロボロと……007.gif





それを見たF、びっくり!





「せ、先生……」






前述の通り、モラルが低いだけで、悪気も何もない子なので




先生を泣かせてしまった事でやっと気がついた&ひどい罪悪感を感じたらしく






態度一変






しょぼーーーんと落ち込んでいました。








鬼先生自身は、職場で泣いたら女性の地位が下がるという考えなので、
とても気まずくて(汗)必死で涙を引っ込めました。





Fも、考えを改めると言いましたが、それもその場限りかもしれないし
(四面楚歌の状態で反対意見は言えませんよね…)




とても不安だったのですが





その晩、Fから初めてメールが届きました。







ごめんなさいから始まるそのメールは、とても長くて、時々変な日本語が使われていました。





Fの学力では、そのレベルのメールさえも書けないのですが、どうやら翻訳サービスを使ったようでした。








「ごめんなさい。私は間違っていました。」


「私は不良なのに、先生は私みたいな学生のために泣いてくれました。」


「私はこれから、目標を達成するために頑張ります。」


「先生の涙のためにも。」


「心配してくれて、本当に感謝しています。」






大体こんな感じ。
と、予想になってしまうのが悲しいですが(笑)






それを読んで、鬼先生は再び号泣(T ■ T)






ちょっとはこちらの熱意が伝わったのかしら?







結果的には泣き落としですが(^^;)

ま、きっかけは何であれ、学生が改心してくれたらそれでいいですよね。







涙が出てしまった時は……
[PR]
by eiminton | 2014-11-29 00:44 | 教*nihongo | Trackback | Comments(0)

学生を○○○。

以前、クラスを変わりたくないと言い出した学生について書きましたが、
そのわりに寝てばっかなので(爆)ちょっと呼び出して、シメました注意しました(^^;)



「クラスを変わりたくないなら、毎日補講に出るか起きるか選んで下さい」と言うと
「起きます。。。」と返答。



よし!じゃぁ頑張れよ!
って事で、さっそく次の時間からガンガン当てました(笑)



頭が悪いわけでも、根がひねくれてるわけでもない子なので
頑張ってほしいなー頑張らせたいなーと、鬼先生なりに色々考えています。




クラスを変わりたがっていた別の学生も
本当はとっても頭がイイ子。


ですが、最近はいろいろな事情から全くやる気を失っていました。。。


昨日、珍しく?何かやる気が出たらしく?


一生懸命作文しては、「先生!これで良いですか?」と聞いてくる様子が
とてもキラキラしていたので



あぁそうだー、この子本当はこういう子だったんだよなぁ。。。と思ったら



なんか泣きそうになってしまいました(;_;)なぜ?(笑)




多分、「本当はこうだったのに…」と「今日は良かった!」の二つがこみ上げて来たんだと思います。




学生は皆人間だから、相性が良くない事も仕方がないし、それぞれの事情でモチベーションが違うのも仕方がないのですが
やっぱり嬉しそうに、一生懸命取り組んでいる姿が見られたら
鬼先生としては嬉しいですね。



「成年を迎えてからの勉強は楽しいものではない」と先輩先生がおっしゃっていて
それもそうだなーと思いましたが(いろんな事情があってやるわけですからねー)
できるだけ楽しく授業に臨めたらいいなーと思います。



だって、鬼先生が楽しい物&面白い物が好きだから!
でも根が真面目なのでちょっと堅物。。。(^^;







さて!やる事がたくさんあると、「あっあれ忘れた~!」なんて悔しい体験、しますよね?
皆さんはどうやって解決していますか?

ルミは携帯依存症なので、iPhoneのメッセージに逐一書きこみ、
自分のパソコン宛に送信して形跡を残しています。

なので、パソコンには短文のメールが沢山届いちゃうわけですが、
どーにもこーにも、この作戦がルミには一番良いのです。
メッセージ、一日に何度も見るので。
メモだと、どこに書いたかわかんなくなっちゃうんですよね~。





そんな鬼先生のメッセージ、あとで見返して自分で笑ってしまったのですが↓↓↓





d0240442_10492337.png




しめるって…(笑)


本当は優しい先生ですよーv(^皿^)v
[PR]
by eiminton | 2014-06-19 11:02 | 教*nihongo | Trackback | Comments(0)

最近の珍回答

①質問と答えを作ってみましょう。
  Q ___とき、どうしますか?
  A ___とき、_______ます。




(例)
  Q 病気のとき、どうしますか?
  A 病気のとき、薬を飲みます。




(珍回答)
  Q 日本へ行くとき、どうしますか?






おお、ここまではいいね。
飛行機に乗ります、とか?






  A 疲れたとき、面白くなります。






意味がわからない!「~とき」変わってるじゃん!(爆)










②会社で一番、上の人はだれですか?(選択問題)






(珍回答)  先生です。








ありがとう(笑)
[PR]
by eiminton | 2014-04-28 11:52 | 教*nihongo | Trackback | Comments(0)

「先生」になる

d0240442_12265567.jpg

初めて授業を見学しに行った時、先輩先生とエレベーターを待っていたら
一人の女の子の学生が「先生~!」と先輩に駆け寄りました。
「○○さ~ん!」と声を上げた先輩に、ひしと抱きついた学生。
同じくひしと学生を抱きしめる先輩。
その学生は先輩が昔教えていた学生でした。

そんな2人を見て、「いいな~。こんな風に慕われる先生になりたい」と思ったのを覚えています。
国によってコミュニケーションの深さは違うと思いますが、距離の近さを感じました。
先生ってすごいなーと感心したのです。




それから1年が経った頃、同じ場所で
「先生~!」と寄ってくる学生たちができました。
昔教えた学生が「先生、元気ですか?」とわらわら寄ってくると
1年前の衝撃を思い出します。





それからまた1年が経とうとしています。
今回は副担任のようなポジションで、より深く関わりました。
個人的な相談を受けたり、心配したり、面倒見たり……
やることは沢山あったけど、どれもイヤではありませんでした。
少しでも学生たちの日本語が上達して、楽しく学校に来られたら良いと思っていました。


一人の学生が、ちょっとした問題を抱えていたのですが
私に頼ってくれたので、できるだけ役に立ちたいと思いました。
なんか、気分は金八先生……(笑)
色々面倒を見て、なんとか問題解決に辿り着きました。

あぁ~本当に良かった!!!
なんだかもう、泣きそうでした(苦笑)
自分では気づかなかったけど、とても心配していたんだなぁと思いました。
そして、私に言ってくれたことがうれしかったです。




ふと、2年前のことを思い出し
少しは、あの先輩先生のようになれてきたのかもしれない思いました。
大先輩なので、まだまだ道のりは長いのですが
少し、ホッとしました。





夜に突然、昔教えた学生からメールが来ました。




「せんせい、あいたいです」



皆で撮った写真が添付されていました。
見ていたら懐かしくなってしまったのでしょうか。
その学生はとても心の優しい女の子で、長い休みの前にもウルウルしていました(笑)



自分の人生で、「この先生が大嫌いだった!」というのは覚えているけど(笑)しかも結構いた
「この先生が大好きだった!」というのは、残念ながら一人もいません。
そんな私が学生と先生の関係に夢を見るのはちゃんちゃらおかしいのですが、
そんな私だから余計に感動するのかもしれません。
先生が好きってどんな気持ちなんだろう?
あ、でも感謝している先生はいたなぁ。思い出しました(笑)
やっぱりその先生は、色々相談に乗ってくれた先生だったな。
授業以外で助けてくれたっていうのが、大きかったんだろうなぁ。
結局それなんでしょうかね(^^)
でも、相談する気になるかどうかも大事ですよね。
それまでに築いた絆がものを言うのでしょうね。
ルミぱち先生はこれからも頑張らなければなりませんね(^皿^)

その頃大黒柱は…
[PR]
by eiminton | 2014-01-24 13:14 | 教*nihongo | Trackback | Comments(0)

人生で初めての授業

d0240442_953038.jpg

去年の1月、採用試験の時に作ったイラストと教案。
面接+筆記(試験でもなんでもない簡単なの)+模擬授業があって、
模擬授業にだけ緊張しまくっていたのを思い出します。
だってやったことないしー!!!


今読み返してみると、学生が理解できない言葉をたくさん使った教案だったなぁ。
これじゃダメだわ、と思うけど
そう思えるようになったことは成長を表しますね。
自分に少し安心しました。
なんで受かったのか疑問(笑)


でも、とっても懐かしくて、なんだか嬉しくなってしまいました。

来年もがんばらねばと思います~(^^)
[PR]
by eiminton | 2013-12-28 10:01 | 教*nihongo | Trackback | Comments(0)

第一弾終了!

d0240442_20474559.jpg

今日で授業はひと段落!
わ~今年いっぱいよく頑張りました!!>自分
雨の日も風の日も熱の日も……
働く人はみんなそうでしょうが、やっぱり大変だったな~(>_<)

今日は年末なので年賀状を書かせてみました。
皆一生懸命書いて、とても良い出来だったので良かったです(絵だけだけど)←意味ない!(TT)笑

写真はルミ先生が描いた見本です。
ミッキーは右上の丸っこいポニーが気に入ったようです(^^)

先生方から好評だったけど…
年賀状って、来年に使いまわせないから困りますね~(笑)
[PR]
by eiminton | 2013-12-19 09:13 | 教*nihongo | Trackback | Comments(0)

形容詞の練習

d0240442_9544897.jpg

赤い鞄を買いました。

じゃぁこれは?

d0240442_9545698.jpg

青い鞄を買いました。

よーし、じゃぁこれは?

d0240442_9554689.jpg

素敵な、キレイな、高い鞄を買いました。

そうねー、じゃぁこれは?

d0240442_9554899.jpg

持てますね、背負えますね、このポケットには携帯、このポケットにはパスポート…

便利な鞄を買いました。

そう!




……というイメトレをして、「便利な、わかるかしら」と心配していたのですが
なんの問題もなく「便利な!」と言ってくれてほっと一安心。


しかし予想外に、1枚目の絵を見た瞬間学生が言いました。


「ピンクな!」






……カラーペンを揃えようと思う鬼先生でした。
[PR]
by eiminton | 2013-05-27 09:59 | 教*nihongo | Trackback | Comments(0)

何をあげましたか?

d0240442_1355519.jpg

お母さんの誕生日に何をあげましたか?



d0240442_13552676.jpg

花をあげました。


めくると出てくるのって楽しい気がします。
知育玩具みたいですが(笑)
[PR]
by eiminton | 2013-05-16 13:56 | 教*nihongo | Trackback | Comments(0)